万屋 Excite Blog 出張版

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お台場ガンダム追加写真

皆さん今晩は。

お台場ガンダムの記事で、ゆっか様からコメントを頂いたので、せっかくメモリーカード一杯まで撮りまくった写真があるから、自重せずに、ガンガン追加掲載する事にしました。

<追加写真1:キミがアムロだ!>
a0048914_20552424.jpg

ハロを掲げて、”僕が一番ガンダムを巧く操縦できるんだ!”って感じですね。このほかに”シャアコス男”もいました。名物ですね。

<追加写真2:最初に見える光景>
a0048914_20575039.jpg

公園に入る道で最初に目に飛び込んでくるのが、これ。初見ではビビリますよ。

<追加写真3:ガンダムボディアップ>
a0048914_2059419.jpg

凄い精巧に出来てます。次にまたあるなら、もっとドック風にして、実物のコクピットを作って搭乗したいと思います。

<追加写真4:くぐる所アップ>
a0048914_211757.jpg

この大きさ比較からでも、このガンダムの大きさが伺えます。

<追加写真5:ミスト噴射(ランドセルアップ)>
a0048914_2123227.jpg

この迫力と涼しさ(他の記事に記載)は体感しないとわからないかも。でも凄い噴射の仕方ですね。

<追加写真6:ミスト噴射(脚部)>
a0048914_21484.jpg

脚部アップはこんな感じです。派手ですね。

<追加写真7:くぐる所遠景>
a0048914_2152521.jpg

これはくぐる場所の遠景です。大きさがよくわかると思います。

<追加写真8:ランドセルアップ>
a0048914_2165668.jpg

これはこのお台場ガンダム用に作られた”新解釈ランドセル”のアップです。実は初代の最初とはかなり違っていて、バーニアの下にサブバーニアが2機作られており、更に左右にサブスラスターが1機ずつ付けられてます。ここは特に違っていたところです。

尚、HGキットのガンダムver.30thでも、このランドセルは再現されてます。サブバーニアは見落としがちですね。

ではでは~。
[PR]
by yorozuya-enari | 2009-07-21 21:13 | ガンダムシリーズ

ドラクエ9進捗報告

皆様今晩は。前回の記事に、ニコ動、blogの”森ノ宮神療所アニメ化計画”で有名な、あの

ゆっか様

がコメントをくださいまして、凄く嬉しかったです。

blog(蒼かな)

本当にありがとうございました!。今日もblogを拝見させて頂きました。

***

さて、発売日以来、ずっとはまり続けている”ドラクエ9”(ネットのネガティブキャンペーンで言われているほど、ひどいゲームではなかったです)ですが、進捗報告をば。

○3人、剣最高の技”ギガスラッシュ”と、どの職でも剣が持てる(スキルポイント100)、このゲームのバランスブレイカーをやりました。職はMPと攻撃力が高い2種類の職で3人、残り一人は回復専門の僧侶。

○現在、船を入手した後、次に来る場所で、依頼とレベル上げと、お金貯めをやってます。今回はお金も経験値も貯めやすいです。メタスラ系に頼らなくても、意外に行けます。

とりあえず、ネガティブな記事を見ないか、気にしないで、やってみるといいです~。”バグの無いドラクエ7と8”の進化と思えば、かなり面白いです。

絵で見ることが出来る着せ替えがあるため、実利重視に考えると、ファッションセンスがずれてしまうのが難点ですが。

ではでは~。
[PR]
by yorozuya-enari | 2009-07-21 00:10 | TVゲーム

ガンダム・お台場の大地に立つ!

皆さん、今晩は。今日は所用の帰りに、今話題の実寸大ガンダムを見てきました。

GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト

新規設計された、RX-78-02 ガンダムですが、アニメの設定と同じ、18mもあります。では、いきまーす!。

<張り紙>
a0048914_18374441.jpg

・・・そうっすか。これ、新交通ゆりかもめの”台場駅”の通路にあった張り紙なんですが、ひねりもなく、ど直球に書かれていたので撮影。まぁ、実際そうなんですが、せめてイベント名で書いて欲しかったです。

<正面>
a0048914_18415854.jpg

入ってきた所からだと、最初はじらされて、後ろ姿しか見えないんですが、回り込むと、ドデーンと、この実寸大18mのガンダム正面を拝むことが出来ます。ちなみにこの会場は公園でやっているので入場無料です。

とにかく”圧倒”されました。アニメで全長18mって書かれると、”そうですか”、で終わるのですが、リアルに18mのアニメ色の巨像、しかも、PG(パーフェクトグレード)ガンダムのガンプラを巨大にしたような、その異様な姿は、”俺、初めてみるよ”、って納得してしまいます。それくらい、リアル世界では”異質のモノ”となってます。

装甲は強化プラスティックで、フレームが鉄骨だそうです。つまり、ロボット工学のリアル専門家が言っている、”アニメロボットをそのまま組むと、脚部が自重に耐えられず、折れ曲がる”を、これで回避してます。

また、ここは海浜地域なので、”強風でも『ワイヤー無し』で倒れない”ような設計となってます。これが2つ目に驚くことです。ワイヤーを張ってないんです。本当に自力で安定しているんです。勿論、倒れることなどあれば、大惨事ですから、当然ですが・・・。

<側面>
a0048914_18511521.jpg

巨大なのに、腕部が精巧に出来ています。全体的ですが、とにかく”ハリボテ”感が全くありません。カトキデカール(赤字の注釈マーキング)が、そこかしこに印刷されていて、これだけ大きいのに精巧感があるのには、感服しました。

<脚部メカ拡大>
a0048914_18554380.jpg

脚部の拡大写真です。こんな所にまで、職人の手が加えられていて、手抜き無し。実際にロボットとしてのガンダムが開発されたことを念頭に置いている事が、そこいらじゅうにありました。

<バストアップ>
a0048914_18571829.jpg

ツインアイ点灯+バストアップ写真です。実はこの頭部、上下左右に動きます。でも、時間が決められていたため、見られず。残念。でも、ツインアイ点灯だけでも凄いです。面構えは、アニメガンダム風なので、穏やかでした。ガンプラに見られる”睨み”は無かったです。でも下からのアングルがどうしても多いので、”実際に大きいが、存在が大きく感じるガンダム”ってイメージですね。

<ガンダム・エンストする><ギミック・各部からのミスト噴射+バーニア点灯>
a0048914_19116100.jpg

ガンダムがエンストしました・・・・・嘘です。今回のプロジェクトイメージのギミックである、”各部からミストが噴射する”、です。これは想像以上に派手に行われるので、びびります。バーニア点灯は、たまたま重なっただけで、結構頻繁にやってます。

このプロジェクトはエコ関係なので、”ミストで地球を冷やす”、という大事なテーマを持ったギミックです。このときに近くにいなかったので、どれぐらい涼しかったのかわからなかったのが残念です。

***

以上、レポートでした。尚、この横で別の意味で熱くなっていたのが、”物販コーナー”でして、オフィシャルモノなんですが、市販されているキットに1/144アムロフィギュアが付いた特別版ガンプラとかTシャツとかいろいろ売っているらしいのですが、万里の長城の如き、”長蛇の列”、に負けて、買わずに帰ってきました。

その代わり、ゆりかもめのチケットでよかったです。このイベントがプリントアウトされている、”ゆりかもめ1日乗車カード”、です。通常切符を買うより、180円高くつくのですが、これだけで記念になるなら、安いです。おすすめです。

入場無料で、一部の撮影スポット、物販以外は無料ですから、交通費だけ持って、気軽に遊びに来るとよいです。特に、昼に撮影に来て、どっかで遊ぶなり時間を潰して、夜にまた来ると、”マーカー点灯+ライトアップ”された凄いガンダムが見られるはずです。

ではでは~。
[PR]
by yorozuya-enari | 2009-07-11 19:10 | ガンダムシリーズ

HG RX-78-02 GUNDAM Ver.G30th 完成!

皆さん、今晩は。暑いですね。

さて、7/9に発売されました、ガンプラ”HG 1/144 RX-78-02 GUNDAM Ver.G30th”が、一部オラ塗装して完成しました。

<HG 1/144 RX-78-02 GUNDAM Ver.G30th>
a0048914_17152248.jpg


<向かって左:Ver G30th、向かって右:HGUC ガンダム(V作戦セットのモノ)>
a0048914_17365930.jpg


以下、所見です。

<オラ塗装、追加塗装箇所>

○ライフル、バズの一部、後部バーニアを白とクロムメタルで塗装(オリジナル解釈の塗装)
○ガンダムハンマーは99%をクロムメタル塗装→磨きで、リアル金属風の凶悪さ
○脚部の一部をクロムメタルかグレーで筆塗装
○全身をグレーの墨入れ

今回は艶消しクリアー仕上げはしませんでした。全体的に墨入れでまとまっているので。

作って、HGUCガンダムと並べてみると、違う点が大分あります。
1)こっちの方がちょっと小型(材料費削減とかオトナの事情もあるんだと思います。もしくはお台場のガンダムの3Dモデルデータから金型を起こしているので、結果、18m”弱”÷144だから、縮尺はあっていて、こうなっている、のかも。
2)ビームライフル、バズがちょっと大きい
3)ビームサーベルの束が長い
4)顔がちょっと横に大きい(これはカトキガンダムではなく、アニメガンダムを意識してます)
5)鎖が金属で出来ている出来の良いガンダムハンマーが付いていてお得
6)モールドなどの墨入れ箇所が半端でなく多いので、リアルです
7)足首から下が小さい
8)全体的に小柄
9)HGUCガンダムを更にリアルにした感じだがアニメガンダム要素もある
10)一部追加変更された箇所がある(サブスラスターの追加、胴体が2分割+ボールジョイントされていて、宇宙空間のシーンでよくあった、胴体がせり曲がるシーンが再現できる)。

本当にHGUCガンダムと比べると、違うところが目に見えてわかるので面白いですよ。墨入れして完成させると、HGUCキットというよりは、縮尺を会わせた”GFF”か”MIA”って感じです。

HGUCガンダムが10年前の記念発売モデルだったので、この10年の技術進歩は凄かったことがよくわかります。

筆追加塗装と墨入れをいれても、2日~3日で作れる、お得なお手軽キットだと思いました。

追加塗装カラー

ガンダムグレー、黄色(腰のV字)、シルバー等のメタル系塗料(メカ部分)

***

しかし、キラリと光る”メタル塗料のガンダムハンマー”を首に巻いているので、思いっきり、KOF等の”チャン・コーハン”(囚人で太っている一部でお手軽最強の格闘キャラ)みたいになりました orz

ではでは。
[PR]
by yorozuya-enari | 2009-07-10 17:18 | ガンプラ

クロスボーンガンダムX2カスタム

今晩は。今回はHPには掲載していた、かなり昔作ったカスタム機を。

☆XM-X2-C クロスボーンガンダムX2カスタム(ザビーネ機)
a0048914_2111785.jpg


ザビーネのX2は全身真っ黒(濃い青)ですが、この機体はザビーネが投降し、X1の支援に廻った事を想定した機体です。

ベースは普通のクロスボーンガンダムX1 ver.Kaで、エントリーモデルのベルガギロスからパーツ取りした、ショットランサーを改造して取り付け、左手のシールドも、ベルガギロスのビームシールドや他のパーツを改造して作ったモノで、

○ビーム吸収シールド+吸収エネルギーによる砲撃=ビースベクス(英語の名前の略記)

という設定の武器になってます。

それとツノは、ベルガギロスのツノを使ってます。

色はクロスボーンに準拠してますが、グレーサフのグレーと青を使ってます。

ザビーネ風に見えないとも言える、この完成品ですが、個人的には気に入ってます。

ではでは~。
[PR]
by yorozuya-enari | 2009-07-05 21:08 | ガンプラ



いろんなネタをやってます。ボカロもやってます
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
初音ミク
from 最新注目キーワードの情報サー..
自作戦車/自作戦車
from 話題のキーワード
MG HIνガンダム
from ガンダムプラモデルフリッパー
喰いタン2
from 喰いタン2
機動戦士ガンダムSEED..
from ガンダム ゲーム ブログ ト..
北斗の拳DVD-BOX(..
from オーディション越後屋@情報商店街
盗作疑惑?松本零士の「銀..
from 流行通信★ハヤリものはコレだ..
トータルリフォームとは何..
from トータルリフォーム.com
パソコンなどお得情報 激..
from ラオックス 家電 電器ならラ..
あさりちゃん の無料動..
from YouTube PV 無料動..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧