万屋 Excite Blog 出張版

<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ARIAのTVゲーム化について

皆さん今晩は。毎日暑いですね。

さて今日のネタは賛否両論のARIAのTVゲームソフトの事です。

Amazonのページ

ファミ通の記事

えー、記事を観れば解るとおり、

1)ギャルゲーのような感じになっている。
2)絵の担当が、天野先生でもなく、アニメの作画担当でも無く、ゲーム専門に変わっている。

ARIAの純正のファンと思われる方々は、Amazonのページで酷評を述べておられます。

1)あのARIAをギャルゲーにするとはなんたること!。
2)作画担当を変えてしまって、ARIAの世界観ぶちこわし。

で、肝心の当方の意見なのですが、私のARIAに対するスタンスは、

普通のファンだが世界観は理解している

です。よってコアなファンとは言えません。実際、Amazonのページに来たのは、ファミ通の記事で、限定版の付録と予約特典を知って、気になったから来たからです。

で、一言で言い切ってしまうと、

キャラ物ゲームで原作の世界観を完全踏襲したソフトはない

です。ガンダムしかり、ドラゴンボールしかり。今更、TVゲーム化と原作(or 原作アニメ)の関係を述べる必要が無いからです。でも熱烈なファンからは、

じゃあ、壊れるのが解っていて、ゲーム化を肯定するのか!

と言われると、

常識のレベルを逸脱してなければ、最低限、アニメという商業作品化を許しているのだから、文句も言えないでしょう

と言わざるを得ません。私の見解は、前の記事である、”同人ソフト化するのなら”、というお題で、

”18禁作品にしない”
”過度な露出は控えて、むしろ女神が着るような服を「着せる」絵にする”
”基本的に原作のヒーリング感を壊さない”

と私自身述べてます。それでも、某ダウンロードサイトで、18禁ソフトは数個確認してます。あまり売れてないみたいだから、ほっとしてますが。

なので、ゲームに関しては、原作のヒーリング感はおおかた無くなっているけど、他は守られているから、まぁ許せる、と私は思いました。

まず、心得ておかなければ行けないのは、

1)商業的に2クール以上のTVアニメになったのなら、マルチメディア展開されるときに、ユーザーは過度の期待はしないほうがよい

2)否定ばかりでなく、”良い方に考える”事も身につけた方がよい

3)ネット内でも、あまり否定的な事を目立たせない。原作自体の評判そのものを落としかねない

と思ってます。どんと構えて、数手先をみましょうや。

ではでは。

万屋えなりんHP:http://www.din.or.jp/~t-enari/
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-30 20:06 | TVゲーム

「ういういdays」ドラマCDをヤフオクでGET

皆さん今晩は。あーーーーーっつい・・・・。だからクーラー+扇風機をガンガンです。部屋を出ると、そこは亜熱帯・・・。

さて、今日のネタは、犬上すくね先生の会心作「ういういdays」のドラマCDをヤフオクでゲットしたことです。
この作品は、はっきり言うと、
ラブコメ4コマ
ですが、ちょい違うのは、そのラブの部分。タイトル通り、”ういうい”しい、とてつもなく”ういういしい”のですよ。今の汚れた自分に対する自虐的な罵倒が頭をかすめてしまう位、ういういしい。清純というより、昔の純粋だった学生どうしの恥ずかしいくらい、pureなラブです。
原作を読んでいたり、このドラマCDを聴いていたりすると、清流が側を流れていく位、ういうい。
昔のラブコメ漫画でも、ここまで綺麗でみずみずしいラブって、ないと思います。
ちなみにこの作者であります”犬上すくね”先生は、アニメ「かしまし -ガール・ミーツ・ガール-」のキャラ原案もご担当されました。実際、当方もコミケで同人誌を買うので挨拶してきましたが、細身のいかにも漫画家~って感じの方でした。
このドラマCDも、聴いていると恥ずかしくなって、途中で止めて、落ち着いたら続きを聴くの繰り返しです。

あーーー!なんて、ういういしいんだ!、うーーーまーーーーいーーーーぞーーーー!(どかーーん)。(?_?)>

ではでは。

万屋えなりんHP:http://www.din.or.jp/~t-enari/
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-29 22:09 | 漫画

「ULTRA BLUE」のダウンロードと「The Cheater」の事

皆さんこんばんは、梅雨の中休みのため、蒸し暑く変な天気の今日この頃。

さて今日のネタは昨日に引き続き、宇多田ヒカルのNew Albumの
「ULTRA BLUE」
をiTunesでダウンロード購入したことです(朝3時に起きて、寝ぼけながらダウンロード。待ってましたから)。サントリーの懸賞で当たった1曲分のコード×7で、持っていない曲のみダウンロード購入しました。以下が購入した曲です。
3:BLUE
4:日曜の朝
5:Making Love
8:One Night Magic feat. Yamada Masashi
9:海路
10:WINGS
12:Eclipse(interlude)

まぁ12曲目はinterludeだったけど、せっかくだから購入。甲乙付けがたいけど、やっぱりこの中では3曲目の「BLUE」が良かったですね。強く訴えかけるような曲調がヒッキーらしいです。

それとこれは公式サイトへのトラバに近い内容ですが、このアルバムの「BLUE」とは、どーも、”ブルーな気持ち”のブルー(憂鬱)をさらに強くして、「ちょうブルー」って感じだったのかもしれません。本人の対談では、
”ここでの「ブルー」は私自身です”
とおっしゃっておられたけど、曲の詩を聴くに、どーも”憂鬱”な気分や”もどかしい”気分だったので、ヒッキー自身が憂鬱だったのかも知れません。聴いたらこっちも、
気怠い(けだるい)気分になって、そして曲の最後でスカっとする、
そういう感じでした。英語圏では、BLUEな気分はこちらと同じで、”憂鬱な気分”ですからね。

***

ところで先ほど、TBS系列のバラエティ番組「The Cheater」(cheater=詐欺師、ペテン師)を観ました。毎週見ているけど面白いよ、これ!。
どこまで参加者、そして最後はお客さんを騙しきれるかが勝負で、最後まで騙しきれば、これまでクイズで獲得した金額を手に入れることが出来ます。誰がチーターかは、司会者も知らない。そしてチーターはクイズの答えを全て知っている。
しらばっくれて、高得点を狙うも良し、騙すためにわざと違った答えを出すも良し。最初に選ばれたチーターが解ってしまった場合、そこからまた新しいチーターが選ばれる。が、最近は最初に選ばれたチーターがそのまま最後まで残るパターンが多いですね。さすが芸能界の方々、騙すのが巧いです。

さて、今週は、ちょっと目のやり場に困る方、”ほしのあき”さんが参加してましたが、途中でチーター容疑がかかって退場しました。隣の方が、なんか残念そうにみてましたが、本当に、目のやり場に困る・・・・(どこが目のやり場に困るのかは本人の写真を見れば一目瞭然)。今回は薄着だったから・・・その・・・・・首の下の中央の谷間が・・・・・・(爆)。

ではでは。

万屋えなりんHP:http://www.din.or.jp/~t-enari/
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-28 22:38 | 音楽

宇多田ヒカルのNew album 「Ultra blue」のDLサービスを待ってます。

皆さん今晩は。変な気温にやられてます。

さて、明日は予定では、宇多田ヒカルのNew album
「Ultra blue」
のダウンロード販売の開始日(6/14のCD発売から2週間)のはずです。
明日起きたら、iTunesのApple Storeで買える事を切に願ってます。どーも今調べた状態では本当に6/28にダウンロードリリースされるのか怪しい物で・・・・・。

ではでは。

万屋えなりんHP:http://www.din.or.jp/~t-enari/
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-27 22:04 | 音楽

オラザク扱いのオリジナルガンダムを作りました。

皆さん今晩は。今日のネタは、またもやガンプラっす。

詳しくは、当方のHPの該当ページへの直リンである、こちら、へ。

代表写真は以下の通りです。
a0048914_19261158.jpg


その名を、DDガンダム(ダブルディーガンダム)。元にした機体である、GP03D デンドロビウム(DENDROBIUM)の前の2つのDから名付けました。

この状態はバーニア兼コンテナの部分を展開した状態です。

武装)
1)メガビーム砲(長砲身ビーム砲)1基
2)Iフイールドジェネレーター(バリアー装置)1基
3)バーニア 兼 コンテナ(プロペラントタンク、燃料タンク)2基
4)バーニア 兼 増設バックパック(真ん中のユニット)1基

尚、デンドロビウムのパーツと言っても、同スケール(1/144)の物ではなく、1/550のHGMシリーズのデンドロです。よって、小型化したとしてます。

それとHPの方へ行けば解りますが、このユニットは分離してパーツを合体させれば、無人支援戦闘機DD(ディーディー)になります。

今日はこんなところです。

ああ、早く我が愛猫が帰ってこないかな~、またねこねここねこねこねしたい。

ではでは。

万屋えなりんHP:http://www.din.or.jp/~t-enari/
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-25 19:36 | ガンプラ

アニメ「ARIA THE NATURAL」の情報の訂正です。

皆様今晩は。今回は今日発売した1ヶ月TV雑誌で解った情報からです。

前のblogで、

TVアニメ「ARIA THE NATURAL」が6月で終わってしまう!

と5月発売のTV雑誌の情報を信じて書いてしまいましたが、今日発売の最新の同じTV雑誌から、

これが間違いだった

事が解りました。同じ雑誌で先月は終マークがついているのに、今日発売の雑誌には付いてませんでした・・・・。勿論、まだまだ続きます(4月スタートなので、おそらく2クールは最低続くと思います)

申し訳ありませんでした・・・・と同時に、もの凄く、当方も安心しました。と同時に、TV雑誌「T○ ○AR○」!!!、こんなでかいミス、お願いだからやめて欲しいです。毎月、頼りにしてTV番組録画タイムテーブル作っているんだから!!!。まぁ、こんなあり得ないようなミスを信じる当方も悪いのだが・・・・。

という訳で、当然のことですが、ARIAは、まだまだ続きますです、はい。

ごめんなさいませ。

万屋えなりんHP:http://www.din.or.jp/~t-enari/
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-24 19:51 | ARIA

PS2ソフト『ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックアワー』の事

皆さんこんにちは、涼しい1日で過ごしやすいです。

さて、ご承知の通り、「ピンキーストリート」とは、パーツの組み合わせでオリジナルフィギュアが簡単に作れるパーツ共有フィギュアの事ですが、なぜかこれが一応2次元の物である”PS2のゲームソフト”となります。

『ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックアワー』

詳細記事はこちら

ゲーム内容は、”ダンスダンスレボリューション”とか”パカパカパッション”とか”ポップンミュージック”とかの、いわゆる、

”音楽ゲーム”

です。タイミングに合わせてボタンを押していく。

ではどこら辺がピンキーなのかというと、画面で踊るヒトが、これまで発売してきて、他社に著作権のないピンキー(つまりピンキーコスやピンキーキャラみたいなどっかのキャラとのコラボ物のピンキーは除外される)のフィギュアなんです。

勿論、3Dポリゴン描画がされているので、立体的に見えて、ピンキーらしいです。ただフィギュアではほとんど再現されなかった、関節の動き(手足などは実物のピンキーは固定だから)によるポージングや動き、顔の表情が加わったのがウリ。

それと勿論、ピンキーのウリである、”カスタマイズ”も出来ます。

で、このソフトの最大のウリは、なんと言っても”限定版”。なんと!、この限定版でしか入手不可のオリジナルピンキーが付いてくるのですよ!。ピンキーのオークションをご覧になれば解りますが、凄い入札数です。このファン層が、そのままPS2ソフトオークションになだれ込むと言うことは・・・・・。容易に結果が見えてくるわけです。

それでなくても、(会場、イベント、限定生産の)限定版のピンキーは凄い値が付いてます。ということで、ゲーム自体も簡単な物にし、ピンキーファンを取り込むには格好のソフトだと思ってます。さてさてこのソフトの限定ピンキーって、どんなのだろう???。楽しみです。

ではでは。

万屋えなりんHP:http://www.din.or.jp/~t-enari/
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-22 13:59 | ピンキーストリート

ティターンズ ver. スーパーガンダムを作りました。

皆さん今晩は、久々の更新です。

さて、今回のネタは当方のHPにも掲載している、作ったガンプラの事です。
a0048914_21572568.jpg

これは元のキットをそのまま作った物ではないです。改造はしてませんが、カラーは、ティターンズガンダムMk-Ⅱの物を使ってます。元のキットが”スーパーガンダム(エゥーゴ)”なので、
”ティターンズver. スーパーガンダム”
となります。

当方のHPの直リンは、こちら

直リンのページ番号が1-4となっていて、整理した後の作品番号が47となっているとおり、もうかれこれかなりの数を作っております。テキトーなのが多いんですけど、それなりの出来になっているのもあります。

ちなみにこの写真の色の機体は作品中には出てきません。白い機体は出てきますが、こちらは当方のオリジナル(カラーリング)です。

***

最後に、宇多田ヒカルのNew Albumの”Ultra Blue”ですが、当方はiTunesのストアからダウンロードで買う(コードで購入する)事にしているのですが(理由はここのバックナンバーで説明してます)、CDレンタルと同じ”CD発売後、2週間したらの”条件のため、CD自体が発売したのが6/14なので、6/28となります。

かなり待っているんだけどね~、早く聴きたいです。”Blue”って収録曲がかなりいいみたいです。

ではでは。

万屋えなりんHP:http://www.din.or.jp/~t-enari/
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-21 22:11 | ガンプラ

当方のiPODの中身

皆さんこんにちは。雨がしとしと・・・で、梅雨入りしたと思う今日この頃です。

さて、今日のネタはiPODです。前回の音楽で大分話しているので、今日の範囲はトラバ先のネタに合うように、iPODの中の曲です。ただし今回数得ているのはiTunesに登録されている曲の事です。

先に述べると、整理した現在、iPODに入っている曲数は、なんと!

5050曲 (使用容量16.41GB/20GB)

よって中の曲の主立ったモノを書くだけでも大変なので、ピックアップする事にします。

(1)ゲームジャンルのピックアップ

1)ゲームのBGM:これの音源は、
○CDレンタルや購入したCDベースのサントラからの物
○ゲームを買ったときに付いている特典や付属品からの物
○CD-ROMベースのゲームソフトをPCで再生してGETした物(扱いに気を付けないと壊れます)
○ゲームをプレイしたときのオプション機能である”サウンドテスト”を使って、TVのイヤホンジャック→PCでサンプリングして、サウンドテスト表示の曲名を入れて区別した物
○食玩などで集めたゲームBGMのCDから取った物
○ネットのHPからの有料、無料でのダウンロードからの物

で、このジャンルの総数は1909曲!。これでも減らしたんです。勿論、1曲の時間が短いからこれだけ入るのです。

で、大まかに言うと、
1)悪魔城ドラキュラシリーズ
2)グラディウス、沙羅曼陀シリーズ
3)KOF、ストリートファイターシリーズ
4)タイトーの音楽チーム”ZUNTATA”作成のシューティングの曲(ダライアス系、レイ系、ナイトストライカー)
5)CAPCOMの音楽チーム”アルフライラ”作成のアクションゲーム曲(ロックマンとか)
6)FALCOM作成の曲(Ys、英雄伝説)
7)各社の麻雀関連曲(スーチーパイ、アイドル麻雀)
8)他のシューティングゲームの曲
9)RPGの原曲と交響組曲(ドラクエ、女神転生シリーズ、ロマンシングSaGa、ヴァルキリープロファイル)
10)他のゲーム

まぁーよく集めました。ところが、でもよく聴くジャンルなんですよ。根っからのゲーマーなんですね、当方。

尚、よく聴く曲自体のピックアップは名前を挙げても解らない物だらけなので省略します。

(2)邦楽
1)宇多田ヒカル
2)B'z
3)BoA
4)CHAGE & ASKA
5)Choro Club(アニメ ARIA関連のBGM)
6)ゴスペラーズ
7)hitomi
8)MISIA
9)move(頭文字Dの主題歌”Gamble Rumble”のみ)
10)SUPER BELL''Z(MOTER MAN関連。これは本当によく聴きます)
11)T.M.Revolution(昔より今のTMRの曲。ガンダムSEED関連の曲を中心)
12)愛内里菜(コナン関連の曲)
13)倖田來未(No Regret がメイン)
14)高橋洋子(魂のルフラン(映画エヴァ)が多い)
15)倉木麻衣(昔の物しか聴かないです)
16)中島美嘉(NANA関連+ちょい昔の火の鳥時代の物)
17)島谷ひとみ(ゲーム主題歌関連が多い)
18)浜崎あゆみ(昔の曲ばかり)
19)平井堅(最近の曲のみ)
20)ROUND TABLE featuring Nino
21)牧野由依(これと20は、ARIA関連。でもよく聴く)

勿論、この順番ではないし、他にも聴くアーティストの方は多いですよ。

(3)ドラマCD
これは1種類のみ。4コマ漫画”せんせいのお時間”のラジオ番組のラジオドラマと、アニメから派生した特別版ドラマのCD。全24巻+3巻で、気に入った話は何度も!。

で、結局、今調べたTOP 25というのは、以下の通り。

1位 chirumi_honpen:ドラマCD
PCからダウンロードした、ドラマCD”スーパーメイドちるみさん”の視聴ドラマ。無料なのに、なかなか面白いです。

2位 ユーフォリア:牧野由衣
アニメ「ARIA THE NATURAL」OP曲

3位 時の河を越えて:うしろ髪ひかれ隊
アニメ「ハイスクール!奇面組」OP曲。サントリーの缶コーヒーをまとめて買うと付いてきたCDから収録。懐かしかったので今頃、また聴いてます。

4位 ミニミニミクロ校内放送35回分:ラジオ番組
ポッドキャストです。

5位 This Is Love:宇多田ヒカル
サントリーのキャンペーンで当たった、iTunes無料ダウンロードコードで買った曲。もう毎日聴いてますが、その割りに再生回数は5位だった。

6位 夏待ち:ROUND TABLE featuring Nino
アニメ「ARIA THE NATURAL」ED曲。上記の通り。

7位 ・・・・・・・あれ?、表示されない???

どうやら7位以下は、iPODのメンテをしたときにデータが0になってしまったようで、表示されませんでした。すんません、BEST6だけになりました。

iPOD内の曲の開示って、それほどプライバシー扱いでもないので、面白いですよね。”これっていい曲だったんだ”とか、新しい発見もあるし。当方のはあまり参考にならないけど。

ではでは。

・・・さて、ガンプラキットのグレーサフかけ2回目、やるか。
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-11 12:43 | iPOD

renesis_rx08様への音楽に関するコメント

皆さん今晩は。今回も、renesis_rx08様へのお返事のコメントが長すぎてしまったので、記事として書きます。今回のジャンルは音楽です。

さて当方は今は100%、iPODで聴いてます。カーステはCD-MDなんですが、
iPOD+FMトランスミッタ
でFMで飛ばしてカーステで拾って聴いてます。

それと今回は”POD CASTS”も同時に盛り込みます。最近のカーステではもっぱらポッドキャストしか聴いてないので。

まずはアーティスト。下記の順番でよく聴きます。

1)宇多田ヒカル:最近の新曲である”This Is Love”はなんとマキシシングル販売せず、ネット配信が先行で、アルバムの1曲。でも、もったいないくらいのいい曲。アップテンポで強いフレーズのヒッキーらしい曲ですね。この関係は前に記事にしたので省略です。

2)牧野由依:新曲”ユーフォリア”と名曲”ウンディーネ”をエンドレスで。2つとも、それぞれアニメ”ARIA THE NATURAL”、”ARIA THE ANIMATION”の主題歌で、アニメとか原作からのフィーチャリングで聴いているとも言えるけど、曲自体も素敵です。

3)ROUND TABLE feat.Nino:新曲”夏待ち”と名曲”Rainbow”をエンドレスで。上記と同じ様に、アニメの”ARIA”関連の曲。非常に綺麗な旋律でしっとり聴けます。

・・・・・ありゃ?、これ以上浮かばない・・・・、tsutayaレンタルでかなり多種のアーティストを借りているはずなのに???。・・・・ということで、アーティストは今回はこれくらいで。

次は登録している、ポッドキャストの番組を。

○ORICON TOP40 ランキング&トレンド:非常に聞き易くて音質が良い(確かダウンロードしたファイルは128kbps)。オリコンの最新シングルヒットチャート(ただし紹介した音楽はかからない)を無料で聴けるので非常に重宝してます。音楽だけでなく、名前の通り、かなり広いジャンルの情報もGETできるので、すばらしい!。

○バンダイビジュアルポッドキャスト SWEET BEAT EMOTION:三重野 瞳、と、和田 琢磨がパーソナリティのBANDAI関連のコンテンツを紹介したり、しなかったりするバラエティ番組。ちょい前の放送でグダグダになりかけたので、今は早朝収録の少しはお洒落な番組に変わりました。1年以上配信されている老舗。

○スイートマジック ユカナ*ハルナの交換日記 powered by ココログ:HONEY VOICEな声優さん二人による、あまーーーーーーーーい番組。こういう声優さんがだめな人には、とことんオススメできない番組。

○金田朋子のミニミニミクロ校内放送:これは文化放送のネットラジオのバックナンバーを配信している番組。基本は、”あずまんが大王 The Animation”の”真浜ちよ”の声を担当してました、声が思いっきり子供の声優さん、”金田朋子”さんを中心に、きついコメンテイターの保久・久保(ぼくくぼ)さん、女性コメンテイターのコンチンさん、の3人のミニミニミクロメンバーのオフトークです。金田さんへのつっこみが90%を越える番組で、それが絶妙だったりします。

○情熱大陸+P:これはTV番組”情熱大陸”で放送した内容にまつわる事を、TV番組に負けないくらい素晴らしい話にして放送している番組。いつも”熱いアルマ”を持った方々の熱い話が聞ける、ある意味貴重な番組です。

○読売ニュース ポッドキャスト:これは月~金の早朝にアップされて配信されている読売新聞の主立ったニュースや新聞の記事を紹介する、ニュース番組。同じコンセプトの日経新聞のポッドキャストと同じですが、広告は少な目で聞き易いです。これも貴重な情報源です。

○毎日新聞ポッドキャスト エンタメ:これは2つの違った声で同じ内容のエンタメニュースが聴ける珍しい番組。と言っても、2つの声共に同じ声優さんが読んでいて、1つはまじめな普通の声での放送、もう1つはキャラ声で放送します。このシステムは非常に好評です。さすが声の商売の方々、内容も聞きやすく、情報番組としても利用価値が高いです。

前はもっと番組を聴いていたけど、今のスタンダードはこれだけ。100%車で移動中のカーステで聴いてます。ラジオを聴いているのと全く同じ感覚で聴けますが、ラジオ放送より、出来ることが多いので(もう一度聴く、ちょっと前の面白い部分だけ聴く、途中で別の番組を聴く・・・)、重宝してます。

今日はこんなところで。ではでは。
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-06-10 23:11 | 音楽



いろんなネタをやってます。ボカロもやってます
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
初音ミク
from 最新注目キーワードの情報サー..
自作戦車/自作戦車
from 話題のキーワード
MG HIνガンダム
from ガンダムプラモデルフリッパー
喰いタン2
from 喰いタン2
機動戦士ガンダムSEED..
from ガンダム ゲーム ブログ ト..
北斗の拳DVD-BOX(..
from オーディション越後屋@情報商店街
盗作疑惑?松本零士の「銀..
from 流行通信★ハヤリものはコレだ..
トータルリフォームとは何..
from トータルリフォーム.com
パソコンなどお得情報 激..
from ラオックス 家電 電器ならラ..
あさりちゃん の無料動..
from YouTube PV 無料動..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧