万屋 Excite Blog 出張版

カテゴリ:びんちょうタン( 1 )

ARIAに続き、マッグガーデン発信アニメ”びんちょうタン”が面白い!

今晩は。自分のPC大破のネタを書いていたのですが面白くないので、アニメ話に変えました。

さて、件名の通り、出版社”マッグガーデン”連載+前から使われていたマスコットキャラである
びんちょうタン
が、15分アニメとして、今月からTBS系の夜中に放送を開始しました。

びんちょうタンのアニメの詳細(公式サイト)

えー、萌え系アニメの部類に一応入るので、そういう出来になるだろう、と言う当初の予想に反して、このアニメは、同出版社連載中で第2期製作中のヒーリングアニメ”ARIA”と同じ様な、ほのぼの(和製)ヒーリングアニメになりました(和製の昔話調)。

何せ原作単行本1巻の”帯”掲載の漫画紹介者が、あの”アンパンマン”の作者であります、やなせたかし先生ですから。これにはびっくりしました。つまり、そういう方向性のアニメなんです。

で、毎度思うのは、ヒーリングアニメである、”ARIA”にしても、”びんちょうタン”にしても、何故深夜帯放送にしてしまうのか?。

現実的な理由はわかってます。午後6時前後の”放送権”を買えないからです。それとある意味、現在のアニメへのアンチテーゼでもあると感じています。

そういう両作品を、もう方向性と対象視聴者層が決まっている午後6時~ゴールデン、場合により日曜朝のアニメ時間帯にもって来ることは、開発会社が金銭的に買えない事もありますし、局側もそれなりの覚悟がいると思います。

しかし、多数のアニメを毎回DVDに撮っている私は、DVD-Rにダビングして、”後で見る作品”扱いにするアニメが多いのですが、その中で、毎週楽しみに見ている(た)数少ないアニメであることは事実なんです。

正直、昨今のアニメ連発(特に深夜帯)の現状、言ってみれば、”アニメ戦国時代”の中で、ARIAと、びんちょうタンは、光っています。そして、子供にも見て欲しいアニメです。

局側も少し勇気をだして、こういう良質の作品を、家族で見ることが出来る時間帯に投入するのも、今の時代、必要だと思います。

同じ出版社発、と言うことで、びんちょうタンの時間移動と、ARIA第2期の午後6時台投入を切に願います。

萌えアニメだと、たかをくくっていた私が感動したアニメ、”びんちょうタン”、ヒーリングアニメとして一度、ご覧下さいませ。毎話15分の短編作品です。そしてこういう出来にしてくれた製作会社に感謝致します。

ではでは。
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-02-14 22:21 | びんちょうタン



いろんなネタをやってます。ボカロもやってます
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
初音ミク
from 最新注目キーワードの情報サー..
自作戦車/自作戦車
from 話題のキーワード
MG HIνガンダム
from ガンダムプラモデルフリッパー
喰いタン2
from 喰いタン2
機動戦士ガンダムSEED..
from ガンダム ゲーム ブログ ト..
北斗の拳DVD-BOX(..
from オーディション越後屋@情報商店街
盗作疑惑?松本零士の「銀..
from 流行通信★ハヤリものはコレだ..
トータルリフォームとは何..
from トータルリフォーム.com
パソコンなどお得情報 激..
from ラオックス 家電 電器ならラ..
あさりちゃん の無料動..
from YouTube PV 無料動..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧