万屋 Excite Blog 出張版

カテゴリ:ガンダムシリーズ( 4 )

お台場ガンダム追加写真

皆さん今晩は。

お台場ガンダムの記事で、ゆっか様からコメントを頂いたので、せっかくメモリーカード一杯まで撮りまくった写真があるから、自重せずに、ガンガン追加掲載する事にしました。

<追加写真1:キミがアムロだ!>
a0048914_20552424.jpg

ハロを掲げて、”僕が一番ガンダムを巧く操縦できるんだ!”って感じですね。このほかに”シャアコス男”もいました。名物ですね。

<追加写真2:最初に見える光景>
a0048914_20575039.jpg

公園に入る道で最初に目に飛び込んでくるのが、これ。初見ではビビリますよ。

<追加写真3:ガンダムボディアップ>
a0048914_2059419.jpg

凄い精巧に出来てます。次にまたあるなら、もっとドック風にして、実物のコクピットを作って搭乗したいと思います。

<追加写真4:くぐる所アップ>
a0048914_211757.jpg

この大きさ比較からでも、このガンダムの大きさが伺えます。

<追加写真5:ミスト噴射(ランドセルアップ)>
a0048914_2123227.jpg

この迫力と涼しさ(他の記事に記載)は体感しないとわからないかも。でも凄い噴射の仕方ですね。

<追加写真6:ミスト噴射(脚部)>
a0048914_21484.jpg

脚部アップはこんな感じです。派手ですね。

<追加写真7:くぐる所遠景>
a0048914_2152521.jpg

これはくぐる場所の遠景です。大きさがよくわかると思います。

<追加写真8:ランドセルアップ>
a0048914_2165668.jpg

これはこのお台場ガンダム用に作られた”新解釈ランドセル”のアップです。実は初代の最初とはかなり違っていて、バーニアの下にサブバーニアが2機作られており、更に左右にサブスラスターが1機ずつ付けられてます。ここは特に違っていたところです。

尚、HGキットのガンダムver.30thでも、このランドセルは再現されてます。サブバーニアは見落としがちですね。

ではでは~。
[PR]
by yorozuya-enari | 2009-07-21 21:13 | ガンダムシリーズ

ガンダム・お台場の大地に立つ!

皆さん、今晩は。今日は所用の帰りに、今話題の実寸大ガンダムを見てきました。

GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト

新規設計された、RX-78-02 ガンダムですが、アニメの設定と同じ、18mもあります。では、いきまーす!。

<張り紙>
a0048914_18374441.jpg

・・・そうっすか。これ、新交通ゆりかもめの”台場駅”の通路にあった張り紙なんですが、ひねりもなく、ど直球に書かれていたので撮影。まぁ、実際そうなんですが、せめてイベント名で書いて欲しかったです。

<正面>
a0048914_18415854.jpg

入ってきた所からだと、最初はじらされて、後ろ姿しか見えないんですが、回り込むと、ドデーンと、この実寸大18mのガンダム正面を拝むことが出来ます。ちなみにこの会場は公園でやっているので入場無料です。

とにかく”圧倒”されました。アニメで全長18mって書かれると、”そうですか”、で終わるのですが、リアルに18mのアニメ色の巨像、しかも、PG(パーフェクトグレード)ガンダムのガンプラを巨大にしたような、その異様な姿は、”俺、初めてみるよ”、って納得してしまいます。それくらい、リアル世界では”異質のモノ”となってます。

装甲は強化プラスティックで、フレームが鉄骨だそうです。つまり、ロボット工学のリアル専門家が言っている、”アニメロボットをそのまま組むと、脚部が自重に耐えられず、折れ曲がる”を、これで回避してます。

また、ここは海浜地域なので、”強風でも『ワイヤー無し』で倒れない”ような設計となってます。これが2つ目に驚くことです。ワイヤーを張ってないんです。本当に自力で安定しているんです。勿論、倒れることなどあれば、大惨事ですから、当然ですが・・・。

<側面>
a0048914_18511521.jpg

巨大なのに、腕部が精巧に出来ています。全体的ですが、とにかく”ハリボテ”感が全くありません。カトキデカール(赤字の注釈マーキング)が、そこかしこに印刷されていて、これだけ大きいのに精巧感があるのには、感服しました。

<脚部メカ拡大>
a0048914_18554380.jpg

脚部の拡大写真です。こんな所にまで、職人の手が加えられていて、手抜き無し。実際にロボットとしてのガンダムが開発されたことを念頭に置いている事が、そこいらじゅうにありました。

<バストアップ>
a0048914_18571829.jpg

ツインアイ点灯+バストアップ写真です。実はこの頭部、上下左右に動きます。でも、時間が決められていたため、見られず。残念。でも、ツインアイ点灯だけでも凄いです。面構えは、アニメガンダム風なので、穏やかでした。ガンプラに見られる”睨み”は無かったです。でも下からのアングルがどうしても多いので、”実際に大きいが、存在が大きく感じるガンダム”ってイメージですね。

<ガンダム・エンストする><ギミック・各部からのミスト噴射+バーニア点灯>
a0048914_19116100.jpg

ガンダムがエンストしました・・・・・嘘です。今回のプロジェクトイメージのギミックである、”各部からミストが噴射する”、です。これは想像以上に派手に行われるので、びびります。バーニア点灯は、たまたま重なっただけで、結構頻繁にやってます。

このプロジェクトはエコ関係なので、”ミストで地球を冷やす”、という大事なテーマを持ったギミックです。このときに近くにいなかったので、どれぐらい涼しかったのかわからなかったのが残念です。

***

以上、レポートでした。尚、この横で別の意味で熱くなっていたのが、”物販コーナー”でして、オフィシャルモノなんですが、市販されているキットに1/144アムロフィギュアが付いた特別版ガンプラとかTシャツとかいろいろ売っているらしいのですが、万里の長城の如き、”長蛇の列”、に負けて、買わずに帰ってきました。

その代わり、ゆりかもめのチケットでよかったです。このイベントがプリントアウトされている、”ゆりかもめ1日乗車カード”、です。通常切符を買うより、180円高くつくのですが、これだけで記念になるなら、安いです。おすすめです。

入場無料で、一部の撮影スポット、物販以外は無料ですから、交通費だけ持って、気軽に遊びに来るとよいです。特に、昼に撮影に来て、どっかで遊ぶなり時間を潰して、夜にまた来ると、”マーカー点灯+ライトアップ”された凄いガンダムが見られるはずです。

ではでは~。
[PR]
by yorozuya-enari | 2009-07-11 19:10 | ガンダムシリーズ

今日の買い物1 HCM-pro Zガンダム3号機限定版

皆さん、今晩は。

さて、今日は所用で街に出て、某量販店に立ち寄りました。駐車料金を無料にするため買い物をしないといけないから、いつものようにゲームとトイのコーナーを見物。で、たまたま見つけた物がこれ。
a0048914_2214945.jpgこれは、機動戦士ガンダムシリーズの作品である、”機動戦士Zガンダム”に登場する後半の主人公機、”MSZ-006 Zガンダム”なんですが、その流れを汲むアトラクション作品”ガンダム新体験‐0087‐グリーンダイバーズ”という作品中に出てくる、Zガンダム3号機、”MSZ-006-3 Zガンダム3号機 グリーンダイバーズカラー”という特別なMS(モビルスーツ)です。グリーンダイバーズについての詳細はこちら

で、これがその箱。a0048914_22181498.jpg観て分かるとおり、通常の製品の物ではないです。初回限定生産品で今日、通常版と同時発売されました。勿論個数限定ですから、今日入っただけで、後はないと思います。価格は同じ。内容物はカラーリング違いのMS本体以外、全部通常版と同じ。ところがこの”カラーリング”が最も大事な事。これまでこのカラーリングのZガンダムは、ガンプラでは、どのスケールでも発売されておらず、完成品オークションでも1件以外、観たことがないです。勿論HCM-proという、この製品はガンプラではないです。フィギュアに近いです。ところが完全フル可動+完全変形可能。武装もフルなので、財テク利用以外なら、かなり遊べます。1/200スケールだから小さいけどね。
ところでこの製品のオークションでの価値なのですが、ザックリ言うと未開封新品なら、5/25現在で倍値取引。この製品は大きさにしては高価で税込み2400円!。ところが、某オークションでは、平均4000円以上でのお取り引きになってます。そして入札も入っている。
皆さん、入手超困難状態だったらしく、競って入札しておりました。
まぁ当方は開封して遊んでますから、価値は無いけどね。ところでフル装備と言いましたが、以下の武装が付いてます。

1)ビームサーベル
2)ビームライフル+ビームライフルサーベル用の装着品
3)ハイパーメガランチャー(ハイメガランチャー)
4)スタンド、ウェーブライダー変形用パーツ、手首等

それよりもこのカラーリングはハイセンスです。かっっっちょえーーー!。比較のために書いておくと、MGのver2.0を使って、このカラーリングの完成品を作った方のオークション案件は当方確認時点で、2万円以上でした。もっと高価になっていたのでしょう。約4000円のキットが塗装完成させると、2万以上。勿論腕は試されますが。
ちょっと衝動買いに近かったけど、1760円での販売で、ポイント使って1400円くらいで買いました。今、机の上に飾ってます。これからハイメガランチャー作って持たせます。

以上、今日の買い物1でした。

2に続く。
[PR]
by yorozuya-enari | 2006-05-25 22:36 | ガンダムシリーズ

聖夜に電撃HOBBYマガジン2冊買って、フルドド2機GETだぜ!、の巻

今晩は。とりあえず、Merry Christmas!。
いや~こんな神聖な日だってのに、電撃HOBBYマガジン2月号を2冊も買って、A.O.Z.の主役機”ヘイズルシリーズ”のGメカ(つまり合体型支援戦闘機)、”FF-X29A GPARTS [HRUDUDU]”(フルドド)を2機もGETしました!。

a0048914_21153643.jpg

a0048914_2115524.jpg


ところがどっこい、こいつは雑誌の付録の範疇を越えてます。実際に市販されているMSキット”ヘイズル改”若しくは”アドバンスド・ヘイズル”と完全に合体でき、かなり遊べます。
さらにたまたまだったのですが、こいつを2機もMS本体に合体させることもでき、それと少しパーツを加えることで、最高武装タイプ”ヘイズル・ラー”が完成します。
さらにさらに、HGUC”ギャプラン”のキットについているバーニアユニットも改造すれば取り付けられて、”バーニア装着型ヘイズル・ラー”を作ることすら出来ます。
美味しすぎる付録、いや、キット・・・。2機買うことがポイントです。ちなみに某お店のプレゼントには、なんとヘイズル改に4機のフルドドを取り付けたスペシャル機体がエントリーされています。4機も付けられるんだ・・・。ちなみに電撃本誌の方で写真がありますが、完全に、”ディープストライカー”(Ex-Sガンダムのスペシャル武装版)に激類似です。
また、おちゃめな事に、写真を見ればわかりますが、”HGUC”シリーズを踏襲しております。ですが、バンダイさんの整数表記だと困ります。よって以下の写真の様な妥協番号となりました。
a0048914_21163114.jpg


056.5・・・・。つまり、”056 ヘイズル改”と”057 アドバンスド・ヘイズル”の間ということです。うまい!、座布団一枚!。

さーて、もっと肝心なのは、ヘイズル改、アドバンスド・ヘイズル、フルドド2機、ギャプランのバーニアから、どーやって、”ヘイズル・ラー”に似たものを作る事ができるのか?。この問題を考えた結果、以下のようになりました。これは公式の物でも、雑誌記載の方法でもなく、全くのマイオリジナルです。

************************************

ヘイズル・ラー アドバンスド・テスト機、及び、高機動形態パーツ組説明書

パーツ交換、追加

<MS本体>
使用キット:完成済みのヘイズル改(以降、改)と、パーツ状態のアドバンスド・ヘイズル(以降、アド)

1)頭部
○改の”ブレードアンテナ部分”を取り外して、アドの頭部センサーと交換する。
○塗装は必要なら”改”準拠だが、グレーサフ程度でOK。追加塗装部分のみ。

2)腰部
○改の”腰部多目的ランチャー”に、アドのサブアームユニットを組み立てて、追加取り付けする。
○アドのパーツでも改にそのまま付けられます。
○塗装は同上。

3)脚部
○改の足の部分に、アドのゲタを履かせる。
○2)同様です。
○ティターンズダークブルーだが、問題ないので、そのまま使用。追加塗装部分のみ。

4)アーム
○アドの手首を全部作る。甲の部分は”改”の色にするのでグレーサフ。
○改同様、指先は赤塗装。

5)武装、シールド
○改のブースターシールドはそのまま使います。(合わせて3機)
○アドのシールドブースター1機と強化型シールドブースター1機を改の色に変更塗装して組み立てる。
○アドのライフルも同じように組み立てる。
○両方のノーマルシールドは、残ったパーツと改と交換したパーツで本体を組み立てたアドに付ける。
○アドのノーマルシールド用TRマーキングは別に使うので張り付けない。


<Gユニット(フルドド)>

使用キット:電撃HOBBY2月号付録のフルドドを2個使います。

1)フルドド2機
○ラーの作例に沿って、2機を組み立てる。カラーは改の方に合わせる。


<ブースター装備型用ユニット>

使用キット:HGUCギャプランのブースターユニット

1)ブースターユニット
○改の方に合わせる塗装+アドのノーマルシールドに張り付けるTRマーキングをこれに付ける。

詳細は電撃HOBBY2月号と各説明書を参照。ブースターユニットは接合部を多少改造するかも。

********************************

非常に複雑になりましたが、全てのキットの説明書を比べて調べて作ったので、大方、”ヘイズル・ラー”=”アドバンスド・ヘイズル+フルドド2機”で、ヘイズル改の白塗装版が出来上がるはずです。まだ当方もやってないので何とも言えませんが、試していただければ幸いです。成功していたら、もっと幸いです。
同じ内容をblogにも書いておきました。
ではでは。ステキな聖夜を・・・・。
[PR]
by yorozuya-enari | 2005-12-24 21:20 | ガンダムシリーズ



いろんなネタをやってます。ボカロもやってます
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
初音ミク
from 最新注目キーワードの情報サー..
自作戦車/自作戦車
from 話題のキーワード
MG HIνガンダム
from ガンダムプラモデルフリッパー
喰いタン2
from 喰いタン2
機動戦士ガンダムSEED..
from ガンダム ゲーム ブログ ト..
北斗の拳DVD-BOX(..
from オーディション越後屋@情報商店街
盗作疑惑?松本零士の「銀..
from 流行通信★ハヤリものはコレだ..
トータルリフォームとは何..
from トータルリフォーム.com
パソコンなどお得情報 激..
from ラオックス 家電 電器ならラ..
あさりちゃん の無料動..
from YouTube PV 無料動..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧